家ねずみって?

MENU

家ねずみって?

 

 

ねずみというのは、野原などで生活するものと、家などに侵入する家ねずみとがいます。
家ねずみの中でもくまねずみというのは非常に大きく頭も良いので厄介です。

 

そしてねずみというのは一度に大量に子供を産みます。
仮にねずみが家の中で出産をして、そのねずみがまた子供を産んでしまうととんでもない数にまで増えていきます。

 

また、年中エアコンによって丁度よい温度に保たれているような場所というのは、繁殖しやすいのでますますねずみは増えてしまいます。
気がついた時には100匹を超えるねずみが家のどこかで住処を作っている、ということもあるのです。
ねずみを殺すためには毒エサを使用するのも良いです。

 

しかし、毒エサを使用していると、スーパーラットが生まれてしまうこともあります。
スーパーラットは毒エサに対しての耐性を持つねずみです。

 

スーパーラットは駆除することが難しいだけでなく、子供を産む度に毒への耐性は強くなります。
最初はペットのように小さいので可愛いと思っていたのに、気がついた時にはあり得ないくらいに大量のねずみに家を支配されていた…。
そのようなことも少なくありませんので、少しでも早くねずみは駆除するようにしなければならないんですよ。

 

水虫はおやじの病気ではない!

昔は水虫って、おやじのなる病気だとイメージがありましたが、今は女性の方が患っている人が多いみたいですね。
やはりストッキングとか、足が蒸れやすい環境になっている人が多いからでしょうね。
私もあんまり足が蒸れたりしないように、しっかりと足を洗って清潔にするようにしていますが、やはりどうしても仕事でストッキングを着用している人は、辛いですね。
ストッキングを着用しなくても良いケースだったら嬉しいですが、やはりスーツ着用の仕事だと、無理ですよね。
女性はやっぱり、ストッキングと革靴だと、水虫はできやすくなってしまうと思います。
靴下とスニーカーの方がまだ蒸れにくいですよね。
仕事が関係すると、簡単には変えられない習慣になってしまいますので、完治も難しいと思います。
やはり足が蒸れてしまう場合は、自宅に帰ってからの水虫ケアが大事になってきます。
しっかりお風呂に入って、清潔に保たないとダメですね。
あとは症状が軽いうちに、しっかりと薬を塗っておくことです。
何度も患っている人はケアに慣れていますが、初めての人は自覚症状がないまま過ごして、ひどくなってから気づくことも多いです。
症状が早いうちは市販薬でも十分治りますが、ひどい場合は医者の薬の方がやはり直りが早いです。

 

真菌予防にパンティライナーは使っちゃダメ!

 

下着が汚れるのが嫌で、パンティライナーを利用している人が多くいます。
しかし、パンティライナーを利用していると、どうしても下半身が蒸れやすくなってしまい、真菌が増殖しやすくなってしまいます。
真菌が増殖すると、性器カンジダになる可能性もあります。
性器カンジダは、性交渉で感染する性病だと思っている人もいますが、実はそんなことはありません。
真菌はもともと体内にある常在菌で、通常であれば悪さをしません。
ところが、風邪や妊娠中など、免疫力が落ちている時になると増殖してしまい、カンジダを招きます。
これまで何度もカンジダになっている人は、本当はパンティライナーの使用は止めた方が良いのです。
病院なんかでも、カンジダになりやすい人は、パンティライナーの使用を注意されることがありますので、自分の体調をみながら、使用をするかどうか、ちゃんと考えたほうが良いですね。
また、仕事でストッキングをはいている人は、特に蒸れが気になりますので、良くない状況です。
仕事柄どうしてもストッキングの着用は避けられないというケースも多いですが、そういう場合ほど、通気性の良い下着を身につけたり、気を付けましょう。
また、パンティライナーを使用するのであれば、長時間の着用は避けるべきですね。

2016/01/06 00:01:06 |
子供の便秘改善は腸内フローラが握っている!?子供の便秘って、本当にびっくりします!突然泣き出し、「お腹が痛いよ〜」とオロオロしているんです。そんな姿を見てしまったら、普通は親として病院に連れて行きますよね。私もタクシーを拾って、すぐに病院に駆けつけました!ところが、診察の結果は単なる便秘。幼児にはよくあることだと言われましたが、浣腸をしてすぐに子供が回復しました。もう恥ずかしいったらありゃしない!でも、今度からは食生活に気を付けて腸内フローラを整えるようにとアドバイスをされました。腸内フローラっていうのは、腸内環境を整える腸生態のことらしく、善玉菌を摂取することによって改善していくことができる...